Tequeolo Caliqueolo Official BLOG

2017.09.10

エスパー絽場の兄弟愛

おっす!1ヶ月ぶりだな!

グッティ=カサロヒッチですよ!

 

まずはこいつをみてくれ!

 

今流行りのハンド(ル)スピナーがなんと200円だ!

買いだろ?

回してみたらほとんどプラスチックで、すずめの涙ほどの金属ベアリング部分も

ヴィンテージ加工(錆びてる)された代物が出て来たぜ!

マジでイカしてるよな!

 

それはそうと先日、とある淑女と話す機会があったんだが、

驚くべき話を聞いたんだ。

 

淑女「グッティくん、昔のエスパー漫画にあって、最近のエスパー漫画にないものってわかる?」

 

おれは精一杯、無い知恵を絞って考えてみたが、

思いつくエスパーがエスパー絽場ぐらいしか出てこねえ

しょーもない脳みそをしてるもんだからさっぱりわからなかった。

 

実際のところなんだと思う?

 

淑女によると答えは「テレパシー」だそうだ。

 

一瞬どういうことかわからなかったが、

淑女は自慢げに説明してくれた。

 

昔のエスパーといえば、テレパシーはつきものだった。

ストーリーもテレパシーありきで成り立つものであるし、

いつどんな時(特別な状況下を除く)でも

任意の相手と交信ができる。それは紛れもなく超能力であった。

 

でも最近のエスパー漫画ではテレパシーは出てこない。

 

理由は何なのか。

 

それは淑女いよればLINEのせいだそうだ。(※あくまで個人の見解です)

 

昔は友達と遊ぶにも友達の実家に電話して

そいつの母親に取り繋いでもらった上で待ち合わせの約束をしたものだ。

少なくともおれが小学生の頃はそうだった記憶がある。

 

しかし今ではどうだろう。

いつどんな時でも当たり前のようにLINEで連絡が取れ、

言葉はなくてもスタンプで何となく相手の気持ちも読み取れる。

 

もはや現代社会ではテレパシーは超能力ではなくなってきていると淑女は言うのだ。

 

最近の若者たち(こう言うあたりおれも歳をとったな)は

「すごない?」「やばない?」「それな!」とかで会話が成り立つという。

 

これは語彙力が乏しいと指摘する人もいるが、

じつはおれたちみたいなオールドタイプには理解できないレベルの

言語に依存しないハイレベルなコミュニケーションが

行われているのではないか?

 

いつか言葉は不要になるのだろう。

 

 

それでもおれは言葉を大切にしたいです。

 

最後のオールドタイプとして。

 

 

グッティ

 

一覧へもどる

PAGE TOP