NEWS

2018.12.29Sat

メンバー脱退のお知らせ

この度解禁されました2/27(木)のライブをもちましてGt.グッティ=カサロヒッチが脱退することになりました。
本人及び各メンバーからのコメントを掲載します。

 

皆さんこんばんは。お久しぶりです。グッティ=カサロヒッチです。
突然ですが、この度2/27のライブをもちまして、Tequeolo Caliqueoloを脱退します。
理由としては元々バンドで叶えたかった夢があったんですが、長く続けているうちにいつの間にかその夢をバンドで叶えるビジョンが見えなくなってしまったためです。

このバンドを結成する前は何をやってもダメで、毎日全然楽しくなくて、自分に自信が持てなかったんですが、そんな僕に夢を与えてくれたのがテキョロカリキョロでした。
何一つ生きる目的を見出せなかった僕に両手を広げても抱えきれないくらい大きな夢を見せてくれました。
でも、夢を忘れさせたのもテキョロカリキョロでした。
このメンバーで一緒にできることがあまりにも楽しすぎていつの間にか夢を忘れてしまいました。
僕がもう一度その夢を思い出そうとした時、背中を押してくれたのもテキョロカリキョロでした。
10年以上大切にしていた、大好きだったバンドを辞め、その重い一歩を踏み出す勇気を与えてくれたのも皮肉にもこのバンドです。
テキョロカリキョロでできなかったことに後悔はあっても、テキョロカリキョロでやってきたことに後悔はありません。メンバーの一員としてそこに居れたことを誇りに思います。
ここで僕が言うテキョロカリキョロは、メンバーや応援してくれた人はもちろん、このバンドに関わった事象全てです。元々バンド名に意味なんてなかったんですが、ようやく意味が生まれたように思います。
もうこのメンバーと同じステージに立つことがないと思うと寂しい気持ちもありますが、この日をみんなと過ごせることが楽しみです。2/27最高に楽しい夜にしましょう。

本当に今までありがとうございました。
僕の新しい活動とこれからのテキョロカリキョロの応援をよろしくお願いいたします。

Gt.グッティ=カサロヒッチ

 

発表を見ての通り2/27のライブをもって、グッティがバンドから離れます。

グッティとは、あの!バンドやってるんですよね!って話しかけた高校生の頃から約12年くらい。
こんなに長く一緒に居たと改めて思うとちょっとびっくりします。
思えば悪いことやかっこいいことのほとんどは彼から教わったような気がします。

バンドは青春だ、という言葉を僕は未だに信じています。
高校生の頃からずっと彼と一緒に居たので彼が居なくなるのは一つの節目って感じです。
だから寂しくないと言えば嘘になるけれど、ここから先の彼の道へ、全力で背中を押そうと僕は思ってます。

残ったダケとニーナと三人で何をするかはまだなんにも決めてません。
ただこのメンバーと友達になったおかげで僕の人生はクソ面白くなりました。
それはこれからも変わる気はしません。

グッティとのテキョロは2/27のライブでおしまいになってしまうけれど、ダケとニーナとまたみんなで面白いことできるように僕も頑張ります。
この4人のテキョロを観にMilkywayで待ってます。めちゃくちゃ遊びましょ!

Vo.扇谷真澄

 

この度Tequeolo Caliqueoloのギタリストとしてずっと一緒にやってきたグッティが脱退することになりました。
グッティは、俺と真澄の高校の頃の先輩です。卒業して、バンドを一緒にやるようになって、俺が今までリードギターとしてリフやソロを遠慮なく弾きまくってたのも、めちゃくちゃやってもグッティが後ろで絶対なんとかしてくれるからです。

テキョロ自体、普段から結構メンバー同士遊んだりするのですが、グッティとはよく二人でツアーの土地に前ノリしてました。良い思い出と悪い思い出が7対3ぐらいであります。意味もなく海目指して進んで、途中でやめて歩いて戻ったり。福岡には何故かあいつが京都から新幹線でキックボード持って来てたり。あとは常に酔っ払って、楽しかったなあ。

これから道は別れます。正直悲しいですし、このメンバーでやっていきたかったです。
でも、今までずっと一緒にやってきた関係がなくなるわけではありません。俺は俺で、グッティと一緒に作った曲をでかいとこで演奏して、グッティに自慢させてやるという夢も増えました。
それに、グッティの新しい夢も応援しようと思います。

2019年2月27日渋谷でのライブが俺達とグッティの最後のステージです。ファンの皆様にとっては、良い知らせではないと思いますが、俺とグッティのツインギターを目と耳に焼き付けに来てください。今までのテキョロのギターは、俺達2人の歴史です。
どうぞよろしくお願いします。

Gt.だけてつや

 

グッティとは17で同じクラスになってそれからずっと一緒やった。

文化祭でやるダンスの練習を夏休みに集まって教室でやってた時期に朝早くグッティと二人になる時があった。
その時にダンスには全く使わないレッチリのCDを聞かせてくれておれは初めてレッチリを知った。
レッチリがかっこよかったけどこれを知ってて持ってるグッティをかっこええなこいつと思った。

おれらが大学生の頃、おれが女の子に振られてグッティを家に呼んで飲んでたらくるりの東京をギターで弾いてくれたりするええやつです。

免許のない彼は遠征のたびに運転する僕とだけを元気付けるために助手席でしょうもない話や、バンドをどうするか、どうしたら売れるのかとかいっぱい話した。

テキョロカリキョロのリーダーはおれだが、彼は間違いなく官房長官である。
知らん奴はググれ。
細かいエピソードはありすぎる訳なんだがこの辺にしておこうと思う。

なにかと相談したりされたりの関係だった彼がバンドをやめたいと言った時本当に寂しかったから失礼な態度をとってしまった。
今でもまだ悔いてるが今は精一杯見送ろうと思う。けど
失礼な態度になるくらい離れるのが寂しかったな。
今でも寂しいけど栄光をつかんでほしいと心底思います。

グッティ今まで本当にありがとう。
楽しかったよ。

そして読んでくれたみんなありがとう。

Dr.ニーナシンジ

一覧へもどる

PAGE TOP